Pファンキードクター 悪魔12000ver.|ラッキートリガー解説とボーダーライン

Pファンキードクター 悪魔12000ver.

「Pファンキードクター 悪魔12000ver.」に搭載されているラッキートリガーの仕様と期待値プラマイ0になる換金率別ボーダーラインを開設します。

ラッキートリガー(LT)とは

ラッキートリガーとは総量規制の緩和によって搭載することが可能になった機能。これまでの総量6400個の1.5倍となる9600個の出玉が期待できる状態が可能となっている。ただし大当り確率1/200以上などの条件があり、MAXの総量を実現するためには突入率をかなり低くする必要がある。

管理人
ラッキートリガーは初当りは軽めで薄いところを引けば大量獲得の大チャンス!という一発逆転の仕様だ

「天使」大当りで12000個確定!

Pファンキードクター 悪魔12000ver.(ラッキートリガー)はラッキートリガーを搭載していませんがそれにに似た機能があり、「天使」大当りを引くと

  • 1500個×8回の大当り確定(初回込み)

になります。

天使大当りは

  • 大当りの6%

です。

通常時の大当り確率は1/69.4とかなり甘くなっています。この大当りの94%は300個獲得で終了する2R大当りですが、残りの6%は10R大当り+10R×7回の大当りが確定、つまり12000個が確定します。

2R大当り消化後、10R大当りのリミット到達後は時短などには移行せず、そのまま通常時に戻ります。

管理人
大当りの約1/16で12000個確定となる一発台だ!

ボーダーライン(期待値±0のライン)

Pファンキードクター 悪魔12000ver.

Pファンキードクター 悪魔12000ver.(ラッキートリガー)の換金率別のボーダーライン(一日打った場合の期待値が±0になる1000円当たりの回転数)は以下の通りになります。

ボーダーライン
3円交換 19.6回
3.3円交換 19.0回
3.57円交換 18.5回
等価交換 17.8回

Pファンキードクター 悪魔12000ver.(ラッキートリガー)のボーダーラインは3円交換が19.6回、3.3円交換が19.0回、3.57円交換が18.5回、等価交換が17.8回になります。

この数値はまる一日(2500回転)打ち、かつ出玉の増減やスルー潰しがなどがないものを想定したものです。短時間打つ場合や台の個体差によってボーダーラインは前後しますのでご了承ください。

天井(遊タイム)の性能

遊タイムの特徴
遊タイム突入回転数 なし
遊タイム内容
遊タイム中の大当り確率
遊タイム中の大当り期待度
遊タイム中の大当り後

Pファンキードクター 悪魔12000ver.(ラッキートリガー)は遊タイム非搭載機となっているため、どれだけハマっても天井到達→遊タイムが発動することはありません。勘違いしてハマっている台に座らないように注意しましょう。

天井(遊タイム)狙いの期待値とヤメ時

Pファンキードクター 悪魔12000ver.(ラッキートリガー)は遊タイムを搭載していないため、天井(遊タイム)狙いの期待値はありません。そして、いつヤメてもOKです。

ボーダーラインを参考に、良い台を見つけ出しましょう。

3.57円交換の期待値

期待値なし

4円交換の期待値

期待値なし

-パチンコ
-